説明責任社会を目指して

大昔、生物学者になりたかったアラフォーが、今また再チャレンジ

2021/10/12火の日記:『豊饒の海』読書中。終わったら日記システムをエバーノートからはてなブログに引っ越してきたい

今日は、銀行などで住所変更手続きをした後、ちょっと書物などをして過ごし、午後の真ん中頃に少し気詰まりな感じになってきたので自宅に戻り早めに料理。肉じゃがを作って、食べる前にジョギングでもしてひと汗かこうというつもりだったが、雨のためジョギングは断念。早めの夕食を済ませた。そして、ケンタッキーのアプリクーポンによる120円のアイスコーヒーで、今日の〆をしているところである。
 
大学不合格は確かに痛手だが、ずっとしょげてるわけにもいかない。自分に許してる贅沢として、なにはともあれ三島由紀夫の『豊饒の海』をまず読み通すというのがある。早く読了して、で、その後、エバーノートで一人だけで書きなぐっていた日記を、このはてなブログに引っ越ししてくる作業に取りかかりたい。これ、ちょっと大変そうだが、やるだけの価値はあると思う。というのは、週間課題、月間課題などはまだ一人で書いてても問題なかったけど、さらに長期課題、例えば一生を通じて実現したいことや一生の振り返りなどは、遺言の形を取り、自らは死んで世界から退場し、人に言葉で伝えることをもって終了なわけで。
 
今日のこのケンタの雰囲気、静かで大変素晴らしい。もうちょい、豊饒の海の第二巻を読み進めようとしてる中、10月の夜はどんどん深まっていくのであった。