説明責任社会を目指して

大昔、生物学者になりたかった40過ぎが、今また再チャレンジ

「君が僕の息子について教えてくれたこと」視聴感想:『自閉症の僕が跳びはねる理由』の理解が深まり、良かった。

自閉症の僕が跳びはねる理由』著者の東田直樹と世界中の読者達の関わりを特集したドキュメンタリービデオ、「君が僕の息子について教えてくれたこと」を見た。

Dailymotionで見ることができた。

自閉症の~』を先に読んでからこのビデオを見たというパターン。世の中、逆にビデオから見たっていう人も多くいるだろう。俺の場合は、まず文章から著者はどんな人なんだろうと想像してたんで、実際接写のクリアな映像で本人の動いてる姿を見ることができて、うれしかった。

本を読んで著者の東田さんに関心を持ったら、このビデオも是非見ることをおすすめしたい。本の理解もより深まると思う。

ただ、本を読まずにこのビデオを見ただけでは、浅い理解にとどまってしまう。『自閉症の~』が、メガトン級の良書だからなおさらだ。なんでジャンプし続けるかの理由を当事者本人が説明した、と、言葉にすればそれだけだが、それがどんなに貴重で大変なことだったのかが、このビデオを見ると痛いほど感じ取れる。そして、この本が海外に与えた影響もビンビン伝わってくる。ノルウェー自閉症の当事者の方が、跳びはねる理由を自分で説明してるシーンなど、印象深かった。

素晴らしいドキュメンタリービデオだった。