説明責任社会を目指して

大昔、生物学者になりたかった40過ぎが、今また再チャレンジ

大日本図書の理科の教科書を、中3まで読み通しました

大日本図書という出版社の、中学校の理科の検定教科書を、読み終わりました。

ついさっき、中3のやつを読み終わったんで。諸事情で、中2,中1,中3という順で、読みました。

読み通しての、いくつか感想をここで述べたいと思います。

まず、中学の理科のカリキュラムが、結構盛りだくさんで。で、教科書が、中1,中2,中3って分かれてるもんだから、パッと見、徐々にレベルが上ってくんだろうって思っちゃうんだけど、全然そういうことじゃない。例えば中1の終わりに地学の岩石のことをやったら、それで岩石の話は終わり。その後一切出てきません。だから、中1の3学期に理科をサボったら、そこを自分で復習しないまま高校入試を迎えた場合、テストで岩石のことを問われたらアウトです。中1,中2,中3とだんだん難しくなる、っていうんじゃなく、全範囲がまんべんなく大事である、というのが、今回の読書で分かったことでした。

あと、3冊通して、理科のこれこれの発見がなされた当時、日本では、江戸時代の何々でした、っていう書き込みがあって、最初は、ああ、日本は遅れてる!と、ヒーヒー言いながら読んでました。が、これ、ちょっと日本を卑下し過ぎかなって気が、だんだんしてきて、途中からムカつき始めました。日本だって、鎖国下にも関わらず関和孝が微分法に近い手法を編み出したりと、いいとこまで行ってる。また、芸術分野でははっきりとこれは日本がトップランナーであり、色刷りの版画が大衆向けにガンガン印刷されたりしてたじゃないですか、江戸時代にすでに。そこらへんをもっと、バランスよく、日本の先進的な面とかにもクローズアップしてほしかった。

あと、中3の本の末尾に、中1から中3のまとめの問題がくっついてて、これがかなりのボリュームで、これは素晴らしかったですね。この問題を作成するの、相当な手間だったと思います。上述した理科の科目としての性質に照らし合わせても、このようなまとめの問題を一気に解くことができるのは非常に生徒思いな教科書に仕上がってると思います、この点。中学理科はまんべんなくやんなきゃダメなんです。どこに抜けがあるかを知るというのが、高校入試に向けて必要なステップになってくると思うんで。

そんなとこですかね。ああ、もうちょっとインターネットの動画コンテンツとかを充実させてほしかったとは思いました。もっと、科学者へのインタビューとか、実験の動画とか。そこ、ちょっと残念。でもまあ、全体的に見事な教科書ではあったと思います。さすが検定教科書。

 

追記 実は無精してて、やっとこさ教科書のネット副教材を見始めました。見もしないで批判しちゃって、すみません。とんでもなかった。かなり動画教材など充実してて、素晴らしかったです。

中学校の理科の教科書を、また一冊読みました

大日本図書っていう出版社が出してる中学校の理科の検定教科書、『理科の世界1』、これは中1生のためのものなんだけど、これをたった今読み終わったところ。同時並行して、新興出版社の『教科書ぴったりトレーニング』っていう教科書完全準拠の問題集も一緒に問題を解きながら、教科書を読み進めていった。

もろもろの事情で、先に中2のやつを読んだ。その時にも、感想文ブログをアップしたのが、前回記事である。その時から一週間以上経ってる。かなり時間がかかってしまった、一冊読み終わるのに。イカン、イカン。

そうだな。中2のと比べて、まだ全然エンジンかかってない感じ。しばらく前に英語の教科書も中1から中3まで通しで読んだんだけど、よく似た感じ。中1は、まず中学校での勉強に慣れさせるというのが主眼、で、中2で本格的に勉強をガンガン進めて、っていうスケジュール感を感じるよ。

こうなってくると、次に読む予定の中3の理科の教科書は、高校に向けての準備、的なカラーで編集されてんじゃないかな。と、予想する。

あと、内容面では、地学分野が、特に俺にとっては目新しい情報が多く、楽しかった。やれ玄武岩だの花崗岩だの。

そんな感じかな。早いとこ、次の教科書に取り掛かろう。跡読まなきゃならない教科書は、計4冊。それ終わったら、都立高校入試の過去問に取り組む予定。

中学の理科の教科書を読んだ感想。大日本図書の中2のやつ

今、また一冊、中学校の検定教科書を読み終わったとこ。軽く、読書感想文的な文章を、この読後直後のタイミングで書き記しておきたい。

読んだのは、大日本図書っていう出版社の、中2の理科の教科書、『理科の世界2』。合わせて、準拠問題集『教科書ぴったりトレーニング』の、この『理科の世界2』に対応したやつを、一章ずつ教科書、問題集と交互に読み、解き進めていった。

実はここ最近、中学の他の科目の検定教科書も読んでいる。で、思う。この大日本図書の理科の教科書は、社会科との連携を特に意識してるのが面白い、と。ちょいちょい出てくる、この理科の法則などが発見、確立された頃、日本ではどういう歴史だったか、みたいな書き込みが、俺は好きだった。一番凄かったのが、パスカルの紹介かな。パスカルは、もちろん思想家としても有名だが、物理学とか数学の研究でも有名で。で、パスカルの生きた時代、日本では?いやマジ、「徳川家光が将軍になる。」って、この教科書では書いてあるんだけど。いや考えてみればそうだよなあ、と、しみじみ考え込んでしまう。江戸時代まるまる、欧米は日本に先行して理科の各科目にまつわる研究を散々やってきてるわけだから、日本が明治以降追いつき追い越せ、で、部分的には追い越した部分もあるのかもしれないけど、思想的背景っていうか、深みっていうか、それこそ理科の教育システムとか、そういう根本的なところが、やっぱまだまだ欧米にはかなわないんよ。だから、真摯にまだまだ欧米に学ぶっていう姿勢は、今後100年くらいは続けなきゃダメだと思うんだよね。理科を本気でやる人は、日本語でだけ学んでたんでは不足だから。絶対。英語などの欧米諸語を身に着け、どんどん教科書を読み進めてくっていう心がけが、大事だと思う。

ちなみに、ふた月くらい前に、東京書籍っていう別の出版社の中1の理科の教科書も読んだんだけど、あっちの方は、社会科との連携ではなく、国語との連携を意識した教科書だと感じた。あれはあれで素晴らしいと思ったね。この今回のブログ記事で上述したことと矛盾することを言うようだけど、日本の理科教育の深みを感じた。理科の基本的概念を文章で書き表すことをすごい大事にしてて、各章、最初に文章題のお題がドーンと出て、章末にそれへの回答例が明示されてて。サイエンスライティングの面白さをストレートに伝える、良い教科書だと思った。日本の理科教育も捨てたもんじゃないと思ったね。

まあ、大日本図書も東京書籍も、どっちも、ま、素晴らしいは素晴らしい。残りの学年のもどんどん読んでって、またブログで感想文をアップしていきます。

中学の公民の教科書を読んだ感想

中学校の社会科の一つ、「公民」の、検定教科書を読み終わった。読み終わった直後のこのタイミングで、感想文を書いておきたく、この文章を書いている。

読んだのは、帝国書院っていう出版社の、『中学生の公民』。合わせて、新興出版社の『教科書ぴったりトレーニング』っていう教科書準拠問題集シリーズの、この帝国書院の教科書に対応したやつを、問題を解いていった。

いや、実に役に立つ内容で、感動した。

実は俺は中学から私立の男子校に行っちゃったんで、公立の中学の雰囲気を、オッサンになった今になって、思いもよらず味わうことが出来て、幸せ感じた。

社会科ってのは、もしかして戦後になって生まれた教科かな?日本では。民主主義教育っていうか、まともな人間を育てようっていう情熱がここぞとばかりに詰まってた。

政治、経済のことをまともに教えてくれる人って、実社会じゃ、ほとんどいないと思うんだよね。知ったほうが有利になるから、で、学校の公民でタダでみんな教えてもらってるはずだろ、っていうコンセンサスがみんなあるもんだから、知らないヤツはカモにされる。それが実社会だと思うんだよね、悲しいけど。

いや、普通に、行政書士と簿記くらいは勉強しないとな、って、読みながら思った。

実に大事な教科で、生きていくための必須栄養素のような内容でした。

プチ夏休み、終了

塾講師で短時間勤務をスタートして、自由時間を全て使って中学の各科目の検定教科書をガリガリ勉強する生活が、4ヶ月近く続いてた。

で、せっかくの夏だし、一日、自分なりに夏休みを取ろうかと、そう思いながら、休むんだという気持ちでちょい限界以上に頑張って、地理の教科書を超特急で終わらせて、フリーな日程をこじ開けちゃった。ので、もう後には引けないし、そこで今日(2022/08/29(月))、まあ夏休みということにして、遊んできた。で、夕方帰宅して、筑前煮弁当で夕食を済ませひと息ついて、今日の夏休みを振り返ろうと、このブログを書いている。

夏休みってことで、何をやるかかなり迷ったが、結局、新宿のスパに決め、行ってきた。テルマー湯ってとこ。今日ポスター貼ってあって、なんか7周年ってことで。ま、まだまだかなり新しいとこだね。

普通にお風呂入って、それから中のレストランで昼食。豚キムチ定食にした。ああ、あと、お風呂上がりに瓶詰めのコーヒー牛乳を飲んだのは、うれしかったね。これは瓶じゃなきゃダメなんだよ。そこらへん、横浜のスカイスパはわかってくれてないのは残念だ。それもかなり大きい理由で、横浜じゃなく新宿に行ったのかもしれない。スカイスパも昔から行きつけなんだけど、いつからか瓶の自販機が消えちゃってて。まいったよ。

話をもとに戻す。だから、テルマー湯では、無事、瓶のコーヒー牛乳を飲めて、で、豚キム定食。で、それからラウンジでかなりしつこくぶっ倒れて寝てた。そうそう、今後気をつけようと思った注意点を、自分に向けてここに書きたい。みなさんもよかったら参考にしてみてください。ガッツリ休むんで、いいアイディアとか思いついたら書き留めようと、レストランとかに、実は、ペンとメモ帳を持ち込んでた。ラウンジに休みに行ったときも、しつこくそのメモ帳を持ってった。けど、やっと気づいて、わざわざロッカーにメモ帳は戻しに行った。あのね、本当にしっかり休もうと思ったら、文字を書いちゃダメなんだよ。その昔、ひょんなことからユダヤ教教会の安息日にお邪魔させてもらったことがある。そこでは、ラビの指導の元、みんな、文字を書いちゃダメ、仕事をしちゃダメ、って、しっかりそういうルールで休んでたもん。

また話が逸れ始めたんで、もっかい元に戻す。そうそう、で、ようやく手ぶらになって、ラウンジで、しっかり「何もしない」を満喫。で、回復したと思ったんで、新宿の街に出る。本当は、テルマー湯に隣接してるゴールデン街のどっかに行きつけのお店でも持てればもっと楽しいんじゃないかと思うんだけど、俺、あんまりお酒をガブガブ飲むの嫌だし、金的にも健康面でも。で、仕方なくゴールデン街は素通り。で、せっかくの新宿なんで、夜とかに見るためのちっこい良い感じの画集が欲しいなあと思って、紀伊國屋書店本店へ。しかし、なんだか、やはりアマゾンとかに押されまくってか、紀伊国屋の品揃えが、イマイチで。悲しい。

んで、アップルストアにちらっと寄ろうかと思ったが、いやいや、あそこはコロナ対策で予約客しか入れんだろどうせ、と思って断念。で、南口のスタバに昔の恩師との思い出があるんで、向かおうかと思ったが、行く途中で、いややっぱり新宿で画集が欲しいんだ!と思って、行き先変更、西口のコクーンタワー下のブックファーストへ。そしたら遥かに品ぞろえが良くて、歌川広重の名所江戸百景ってののポストカードブック、ってのをお買い上げ。後で気づくが、俺が本当に欲しかったのは東海道五十三次だった。まあ、旅先での買い物なんて、そんなもんだろう。この機会に、名所江戸百景も愛そうと思う。

で、すぐ上の階のタリーズにて、頭の整理。夏休みの「休み」は、もうテルマー湯で大体完了してたんで、で、かばんに入れてきた、次に読む教科書の、社会科の公民の本と準拠参考書を、本に折り目をつけながらざっくり内容を見るっていう作業をする。で、テルマー湯の湯冷めもだんだんできてきて、頭もはっきりしてきたんで、電車で地元に帰ってきた。そのまま自宅に戻り、今さっき、早めの夕食に冷蔵庫の筑前煮弁当を食べた。

これにて、俺の今年の夏休みは終わり。前倒しで今夜、公民の教科書の冒頭部分を読んじゃいたい。これから出発。

ああ、そうだ、電車に乗る前に、新宿西口の小田急エースの太子堂で豆大福を買い食いしたっけ。昔、西口の朝日生命でバイトした時、社長が太子堂で豆大福買ってきてくださって。その旨さが忘れられなくて。なんか、太子堂の店舗がロータリーの反対側に移動してたりしたけど、気合でたどり着いて、タクシー乗り場前でウグウグ食った。そのロータリーも、思い出が。新宿で家庭教師したことがあって。お母様に帰りは毎回車で送っていただき、ここで降ろしてもらったものだ。

人は、思い出を食べて生きている。

だから、人に優しくするとは、人に良い思い出をプレゼントするということなんじゃないかな。人に対して、そういう接し方をしたいものだ。

中学の地理の教科書を読んだ感想

塾講師としての仕事の幅を広げるべく、中学各科目の教科書を読み漁ってるここ最近。その一環で、たった今、地理の教科書を読み終わった。この直後のタイミングで、感想文を書いておきたく、Macを開いたところである。

読んだ教科書は、帝国書院の『中学生の地理』。合わせて、新興出版社の『教科書ぴったりトレーニング』っていう教科書準拠問題集の、この帝国書院の地理に対応したやつも同時進行で問題を解きながら、教科書の読書作業を進めた。

非常に面白く読んだが、地理の前に読んだ歴史の教科書の方が、面白かった。心に突き刺さる内容がガンガンあったんで、歴史は。地理は、その点、安心して読み進めることができ、平和な読書の旅だった。

社会の中の理科、って感じだったな。地理でカンドコロになるポイントって、もろ自然科学が関わるところだから。例えば、アメリカ農業の適地適作って具体的にはどうやるの?とかって考え始めると、どうしても理科をやんなきゃそれ以上はわからんわけで。

あと、歴史の教科書を読んで考えたことで、地理を読んでても同じように考えたことがある。いや、経済学って大事だよね、と。持続可能な社会を実現し、日本や世界でどんどん共存共栄を図っていこうよ、って、具体的には経済学が一番ストレートにそういう問題にアクセスできるんじゃないかな。

もー俺、文転しよっかな?バイオ崩れの40代で、もう一回大学行こうとしてるんだけど、まあバイオを止めはしないけど、経済学も本当に興味出てきちゃったよ。

えーと、感想、感想。他にはね、そうだなあ、中京工業地帯の重要性には感じ入った。読もう読もうと思いつつ読んでなかった『トヨタウェイ』とか、これを機に時間作って読もうかな。リニア新幹線が開通したら、東横線副都心線が相互乗り入れしたときの渋谷と新宿と池袋みたいに、東京と名古屋と大阪が融合してくんじゃないか。そしたら、トヨタのお膝元の名古屋に、政治経済が吸い寄せられていったりしないかな。でもまあ濃尾平野関東平野の大きさが違いすぎるんで、やっぱし東京の一極集中は今後100年くらいは安泰かな。世界的には、香港&深センとかには抜かされてくんだろうけどさ。

あー、面白かった。次は、公民の教科書を読む。楽しみ。

中学の歴史の検定教科書を読んだ感想

4ヶ月前に働き出した学習塾にて、仕事の幅を広げるため、俺自身はバイオ分野の理系崩れだが、社会科の勉強もしてみてる。

その一発目として、歴史の教科書に取り組んでて、たった今、読み終わったところ。同時並行して解き進めた教科書準拠の問題集も、やり終わった。

中学の社会科は、中1,中2,中3のようには分かれておらず、歴史、地理、公民という3つの科目名で3冊教科書が出ている。俺が今回読んだり解いたりしたのは、帝国書院っていう出版社の『社会科 中学生の歴史』ってやつ、あと、この帝国書院の歴史教科書に完全準拠した問題集、『教科書ぴったりトレーニング』(新興出版社)ってやつ。

いやあ、面白かった。一番印象に残ったのは加賀の一向一揆かな。100年自治が続いたって、それ一行の説明文で終わらせるとこじゃないでしょ、って思ったけどどうかな。このまま一向一揆が日本全国に広がってたら、ヨーロッパより数百年早く、少なくとも政治的には近代の国家ができてたんじゃなかろうか。

あと、月並みな感想かもしれないけど、古くは聖徳太子が、和を以て貴しとなす、とか言い始めてるし、日本の平和主義ってのは、なにも太平洋戦争後にアメリカに押し付けられただけのものではなくって、メチャ歴史のある、この国の大切な考え方なんだと思った。京都とか、源平合戦ではどんくらい民衆に被害あったのかな?応仁の乱では完全に焼け野原でしょ。西郷隆盛西南戦争の戦場にもなったんじゃないか。各寺院とか神社とかに集う人たちの間で、戦争を回避するにはどうするべきか、みたいな考えの深まりは東京なんかとは比べ物にならないくらい蓄積がある土地柄なんじゃないかと思うね。

もし俺が中高生の時に生物学でなく文系に目覚めてたとしたら、うん、俺は経済学に特に興味持ったと思うね。結局、平清盛の力の源泉だって、日宋貿易でしょ?それが両方とも相手が変わって足利義満日明貿易に変わったけど、要は、時代時代で、キーになる貿易を押さえるっていうゲーム、っていう側面があるよね、天下取りっていうのが。もちろんでもそこには、まずそもそもこの日本っていう土地柄が、うーん日本人的うぬぼれなのかな、各地域に優れた文化や特産物があってさ、だから貿易っていう国際的な舞台で、こちら側に魅力的な商品が揃ってて、相手国に喜ばれる、っていうポテンシャルの高さがあるじゃん。そうだな、だから、ともすると、たった今読み終わったこの教科書もそうだけど、ちょっと、支配者の変遷を追っかけてばっかりで、支配することじゃなく独自の文化とか特産物を作ることに一生懸命だった人たちにもうちょい強めにスポットライトを当ててもいいよね。それはそうかもしんない。

で、それが、グローバリゼーションとともに、キーになる国際的な商取引の様態がガチャガチャに変化し続けてる。この変化し続ける経済的環境を、しっかり把握して、なんならあるべき次世代のそういう経済的環境を提案したり海外や国内で話し合いを進めていったりとか、そういう人材こそが社会に必要でしょ。歴史の教科書を読んで、はっきりとそのようなニーズを感じたよ。

太平洋戦争に関しては、あまりにも生々しくて、軽々しく書けない。ので、このブログ記事は、とりあえずここで筆を置く。