説明責任社会を目指して

大昔、生物学者になりたかったアラフォーが、今また再チャレンジ

英語力ついたら、ニュースの収集法も変えていきたいっす

英語力をきちんとつけたら、ニュースを英語でも毎日チェックして、豊かな生活を送りたい。
 
この記事では、今現在、日本語でどんなふうに日々ニュースに触れているかをまとめ、次に、英語もできるようになったらどんなふうに英語のニュースを収集していきたいかについて夢を描きます。
 
まず、普段日本語でニュースをどこから得ているかから。毎晩、インターネットでラジオを聴いてます。NHKラジオニュース、KBS(韓国)のニュース、中国国際放送局のニュース(北京放送)。三カ国の視点を定点観測するのを、楽しんでます。ワイヤレスイヤホンを使えば、洗い物とかしながら聴けますしね。それから、電車乗ってる時とか退屈したときとかに、スマホのニュースアプリ3種をざっと見てます。その3種とは、SmartNews、Yahooニュース、グノシーです。それから、最近、ロイター通信のアプリとスプートニク(ロシア)のアプリもよく見るようにしてます。それぞれ、アメリカの立場、ロシアの立場を感じられる気がして。日本語ですよ。
 
SmartNews、Yahooニュース、グノシーの3つは別として、あとは全部、「いかにして日本にいながらにして国際感覚を磨くか」ということに重点を置いてるのが俺の特徴だと思います。
 
さて、この体制で実はもう十分満足なのですが、これから学生に戻って英語もガッツリやらざるを得ないという状況になりました。となれば話は変わってきて、英語がもっと分かるようになれば、当然ニュースの取り方も変えていくべきです。
 
まず、趣味のインターネットラジオですが、毎日、…毎日はつらいかなー、可能ならば毎日、英語のニュースも聴きたいところです。狙ってるのは、アメリカABCのWorld News Tonight、それから国連ラジオ、それとイギリスBBCの適当な長さのニュースを見つけて聴きたい。アメリカは、政府系のVOAも悪くないのですが、民間が元気なのがアメリカの特徴かなと思って、ABCを挙げています。もしABCの番組が毎日聴くには長すぎるのなら、次の候補としてはFOXのニュースなんかも悪くないっすね。毎日5分くらいだったかな。
 
文章では、まだあんまり自分に合いそうなのがどれなのか、把握できていません。同じABCやFOX、国連、BBCのアプリで、テキストと写真もザッピングするんで、いいんじゃないかな。当分の間は。
 
ウォール・ストリート・ジャーナルとかニューヨーク・タイムズのアプリも落としてあるんですが、有料プランの値段、すっごい高いんですよ。現実的じゃない。ただ、無料プランのままでも、プッシュ通知は入りまして、その短文のメッセージを、今現在でもすでに、密かに面白がってたりします。でも単語と文法が本当に難しくって、今の俺には。日本語で言えば、スポーツ新聞の見出しのようなものかと。あれを外国人が見て一瞬で理解できると思います?それと同じことが俺のスマホ上で起きてます。そこのところが今後の英語学習でクリアされていけば、もっと楽しみが広がりますね。
 
まだまだ人生捨てたもんじゃない。これから色々、楽しみです。