説明責任社会を目指して

大昔、生物学者になりたかった40過ぎが、今また再チャレンジ

『教科書ぴったりトレーニング 中学英語1年 三省堂版』読書感想:教科書での学びの内容を再確認させてくれる

三省堂の英語教科書『NEW CROWN』の中1のやつに対応している準拠問題集、『教科書ぴったりトレーニング』ってのを、今、全体を読み終わった。読んでわかったことを、ここに書き留めて、皆さんの参考になればと。

NEW CROWNも当然一緒に読み進めた。検定教科書って、それだけ読んで身につくように作られてない。授業で使うことを、当然なんだけど、想定してるわけで。だから、授業を受けないで独学とか、あと、俺みたいに塾で教えたり、あと、家庭教師の人とかも、生徒が学校で使ってる教科書を教科書だけで読み進めていく必要があるでしょう。そういう人たちに、俺は、言いたい。この『ぴったり』、かなり良いよ。

この本は、教科書で学んだことを、この本の題名の通り、ぴったり伴走しながら、テンポよく復習、確認して、ドリルを豊富に提供してくれる。教科書を漫然と読んでいたんでは、学ぶことをただインプットするだけで、学びを頭に定着させるのは困難だと思う。けど、こういう準拠問題集を併用することによって、アウトプットっていうのかな、わかったことを紙に書き出したりして表現し、本当にわかってるかを実地に試しながら学習をじっくり進めていける。

まあ、多くある問題のうちには、ん?と頭をひねるような変な問題もなきにしもあらずだった記憶が。ちょっとどれとどれが変だった、とか指摘はできないけど。ドリル、練習がしたい局面で、脇道にそれたような無関係の英語表現について問う問題があったりとかかな。でもさ、そうとでもしないと、英語って自然言語だし、全てがシステマティックになってないのは日本語と同じなんで、多くの知識の羅列を、そういうもんなんだと思ってモリモリ吸収していかないとダメなんでね。だから、だから学校や塾で先生に教わるってのが、やっぱし大事だと思うよ。変な問題が時々あってもへこたれずに継続して学び、とにかく全体を通してやり抜かないと。その道々、指導者の励まし、サポートが、やっぱり必要なんじゃないかな。

紙面もカラーで見やすいし、ぴったりは、副読本として、俺は好きです。繰り返しになるけど、教科書での学びを再確認させてくれる。優れた参考書だと思いました。